親の同意書は必要?高校生も医療レーザー脱毛はできるのか?

親の同意書は必要?高校生も医療レーザー脱毛はできるのか?

近年では高校生などの若い世代の皆さんでも、医療レーザー脱毛にチャレンジする人が多い時代となっています。

 

このページでは、高校生の施術に必要不可欠な「親の同意書」について解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

■トラブルが起こった時のために「親の同意書」が存在します

 

未成年者の施術に親の同意書が必要な理由は、トラブルが生じた時に自分で対処できないからということです。

 

中には「親に内緒で医療レーザー脱毛をしたい」と考える人もいるようですが、未成年の高校生にトラブルが起こった際には、適切な対処ができないことが懸念されるのです。

 

医療レーザー技術は日々発展しており、トラブルの発生率は低くなっていますが、痛みを伴うレーザーを照射する以上「絶対に大丈夫」とは言えない実情があるため、安全策という意味で同意書の提出を求めるようになりました。

 

 

■同意書の内容は非常にシンプルです

 

美容クリニックに提出する同意書は非常にシンプルで、保護者の氏名、住所、連絡先、記入年月日などを記入して、署名捺印をするだけという内容です。

 

仕事で忙しいご両親でも5分もかからず記入ができる書類ですので、なるべく早めにお願いをして、施術初回に間に合わせるようにしましょう。

 

高校生の中には自分で勝手に同意書を作ってしまう人もいますが、万が一トラブルが起こった時に問題が大きくなることを考えると、「親に同意をもらう」ということが自分を守ることに繋がると考えてください。

 

未成年の場合は脱毛サロンでも同意書が必要となりますので、両親にきちんとお願いをして、同意とともにお金を出してもらうというスタイルが堅実な方法だとされています。

 

 

■若いうちに脱毛をするメリットはとても多いです

 

高校生のうちに医療レーザー脱毛を行えば、カミソリなどのムダ毛処理を行う必要もなくなり、美しい肌で20代を過ごせるメリットがあります。

 

また時間的に余裕のある高校生のうちに美容クリニック通いを始めれば、社会人の通院よりも遥かにスムーズに予約を入れられる利点もあることでしょう。

 

高校生の医療レーザー脱毛に批判的な人もいるようですが、20代、30代以降のエイジングケアにも繋がると捉えれば、早めにスタートする難点はほとんどありません。

 

 

■まとめ

 

親の同意書という書類が必要となる高校生ですが、「自分を守るために書いてもらっている」と考えれば、その重要性も納得できることでしょう。

 

トラブルが起きた時に親に相談できる状況をつくるためにも、きちんと同意書を記入してもらうようにしてください。