レーザー脱毛で火傷?実際に過去にあったトラブル事例を紹介!

レーザー脱毛で火傷?実際に過去にあったトラブル事例を紹介!

安全性の高さで知られる医療レーザー脱毛ですが、稀にトラブルが発生するケースもあるようです。

 

このページでは、トラブル事例と症状を詳しく解説していきますので、クリニック選びの参考にしてみてください。

 

 

■火傷

 

日焼けをした肌に強いレーザーを当てると、肌のメラトニンが光を多く吸収してしまうため、火傷になった事例も存在しています。

 

美容クリニックでは「脱毛を行っている間は、日焼けをしないでください」注意をしていますが、日焼け止めの塗り忘れや生活紫外線によって徐々に肌が焼けてしまっている場合は、本人もそのことに気付かず施術を受けてしまうのです。

 

施術前には専門医によって肌状態のチェックが行われていますが、目視ではチェックできないレベルの日焼けが生じていると、火傷というトラブルに繋がってしまうケースもあるとされています。

 

医療レーザー脱毛のトラブルで最も多いとされる火傷は、リスクをゼロにすることが難しい存在と言われていますので、肌の色や状態に変化があった場合は、施術前にきちんと申告するようにしてください。

 

医師に対して協力的な姿勢が、トラブルを回避することに繋がります。

 

 

■乾燥による肌トラブル

 

脱毛を行った肌は100%乾燥している状態となりますので、病院から処方されているローションやスキンケア化粧品などを活用して、きちんと保湿ケアする習慣をつけてください。

 

施術後のケアを怠ると肌が砂漠のような状態になり、毛穴の開きや炎症、色素沈着などを起こします。

 

脱毛後に生じたトラブルの多くは、セルフケアによって防げるものも多いとされていますので、クリニックでカバーできない部分を補う気持ちで、保湿に励むことが重要と言えるでしょう。

 

 

■紫外線による炎症

 

脱毛後の肌を日光にさらすと、肌の炎症が酷くなって真っ赤に腫れ上がるケースもあるとされています。

 

これは医療レーザー脱毛によって日焼けに近い肌を「更に焼いた状態に近い」と考えられますので、患者さん本人のミスによるトラブルと考えて良いでしょう。

 

医療レーザー脱毛の帰りは、UVストールや薄手のカーディガンなどを多用して、肌を紫外線から守る努力をしてください。

 

 

■まとめ

 

安全性の高い医療レーザー脱毛ですが、ケアの怠りや生活習慣によってトラブルに繋がることもあるようです。

 

色素沈着などの場合は、症状改善のために新たな施術や投薬が必要となってしまいますので、なるべくトラブルが起こらない暮らしを心掛けた方が良いと言えるでしょう。

 

「これをやってもいいの?」という疑問が生じた時には、美容クリニックに確認することもトラブル回避に繋がる大事なことです。